ガジェット7
本能の赴くままに今日も負け犬の遠吠えをパブリック向けに配信中。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告

A.I

…あ。本名のイニシャルって是だわ。(笑)
ってなワケで今晩の映画はA.Iでしょう。わーー。
ハーレィ君がヘタレた眉毛のままぶっちゃけ成長しております。
有名なだけあって、それなりの見ごたえはあるのでずっしり重いですが見てみると吉。
…俺的には”シックス・センス”のラストの方が好きなのでコチラをおススメしますが(笑)
ロボットの話、近未来SFになるのですけれど…
(それにしても俺はハリウット系の描く近未来はどうも嫌で…)
人間って理不尽だなーって思わざるおえない作品です。
機械を作ったのは人間他ならないのにね。

近未来、必ずや人型ロボットは誕生するでしょう。
何年先になるかは分かりません。私が生きている間にはお目にかかれないかもしれません。
『想像出来るものは存在するものなのだ。』
劇場版ビバップの一説です。
空想出来る全てのモノを作るだけの力を人間は得る事が出来るでしょう。
その為の空想力なのだから。
空を飛べるようになったのも、今こうやって見知らぬ人とコンタクトがとれるのも
全ては一つの空想が始まり。
人間の灰色の脳細胞は素敵な仕組みをどうやら持っている様子です。

それでは、空想からの予言を致しましょうか。
近未来、必ずや人型ロボットは誕生するでしょう。
それと同時にいつしかロボットと人間の境が曖昧になり不安を抱く人間は
必ずやロボットを廃棄するでしょう。
人間と何ら変わらぬようにと作られたロボットは
人間と何ら変わらぬようになった途端に殺される。
ピノキオはやはり作り話だったと言う事でしょうか。

しからば。
神によって作られたと言われている人間は、
神と同じ力を得て、人間さえも作れるようになってしまったら
神は我々を滅ぼすでしょうか。
今後未来の見所のようです
多分滅びるだろうけれどね。

僕ぁ無教徒ですから何の信仰心もありませんがね。
たまにはこんな空想もして、使ってない脳細胞使わなきゃ(笑)
スポンサーサイト
【2005/01/12 02:40】 | 映画レビュー | トラックバック(0) | コメント(0)
<<おーしゃんず11. | home/a> | ブギウギ。>>

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

プロフィール

イヌキ

  • Author:イヌキ
  • 秋葉原にある某横文字大学に通う19歳。
    妹に日々怪しまれながら色々な事やってます。


    イヌキ運営する写真メインの
    素材配布サイト。(※仮死中)

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。