ガジェット7
本能の赴くままに今日も負け犬の遠吠えをパブリック向けに配信中。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告

イラストレーター Seichiさん

私的メモ



配色アイディアミニ帳

ってのを読んでいて、『明度の低いセパレートカラー』が素敵で、
それのサンプルとして使われているイラストが素敵だったので、
調べてネットで検索してみた。
イラストレーター、Seichiさん
もしかしてこれは『シトラスタウン』と同じ原作者??
さらに検索をかけてみる。オフシャルサイトが見当たらない。
おかしいな、と思いつつも公式らしきサイトを発見する。

ここがオフシャルサイト

ギャラリーとかもあってあぁ、良いな、と思ったのだがどうもイラストレーターさんのサイトにしては仕様が変だなと思う。

Newsを見てショックを受ける。
・・・そうだったのか。どうりで探しても出てこないんだ。

イラストレーターのSeichiさんは平成17年8月30日に、
亡くなっていました。

この事についてもショックを受け、
同時にその事が他では何も語られてない事にも何だかショックを受けた。
他のファンのブログを読んで再確認した。
でもこの事に触れているのは検索かけた中でここだけだった。


作品は残ってる、人の記憶にも残ってる、名前も残ってる、
でもそれは形になった物が残ってるだけで、彼自身の情報が残ってない。



『死んだら新聞に載るようなロックスターに』とTHE YELLOW MONKEYの『Rock Ster』の歌詞であるけれど。
生きてる証を残したい、同時に死んだ事もしっかりと残したい。
だけれど、死んじゃった方としては何も出来ないから、
それを残してくれるのは、他の人じゃないと出来ない事なんだなと思う。



世の中にある作品は今もイキイキと生き続けているのに、
それを生み出した人は死んでしまっている、という事実にショック。

生きている間に残せる物を残せるだけ残せたい。
死んだ後は『故人の物』という前提でそれが人目について欲しい。
作品は永遠に生き続けられるのに人間は生きられないってのは、
…良い事?皮肉?悲しい事?素敵な事?
ゴッホはどう思っているのですか。世を憎んでいるのか、喜んでいるか。


この事を知るのが遅くなってしまった事がとても悔しく思います。
Seichiさんのご冥福をお祈りします。
私もいちファンです。これからも、きっとずっと。
スポンサーサイト
【2007/01/21 02:52】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(2)
<<スクイークテキスト制作中 | home/a> | ラッキーナンバー7>>

コメント

うちも知らなかった・・・シトラスタウンって出て「お!?☆」
と思ったらまさかそんな事になってたなんてね・・・

すっげーショックだ・・・
【2007/01/22 20:03】 URL | 飛行缶 #-[ 編集]
ショックだよね…。本当びっくりしたよ…。

でもちゃんと作品が残ってて、作者も誰か分かるように作品が残せるってのは、憧れででもあるけれど、
私が死んだら私に関わる物全て末梢して欲しいともたまに思う(笑)
【2007/01/25 00:19】 URL | イヌキ #-[ 編集]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

プロフィール

イヌキ

  • Author:イヌキ
  • 秋葉原にある某横文字大学に通う19歳。
    妹に日々怪しまれながら色々な事やってます。


    イヌキ運営する写真メインの
    素材配布サイト。(※仮死中)

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。