ガジェット7
本能の赴くままに今日も負け犬の遠吠えをパブリック向けに配信中。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告

銀河ヒッチハイクガイド

B000CS46YQ_01__AA240_SCLZZZZZZZ_.jpg

銀河ヒッチハイクガイド

久々に小声で笑い、そして久々に素直に感動してしまった凄い映画!!

何か見るからに古くて、B級っぽーい映画にゃ?と思い久々にそういうジャンルに手を出すなーと思っていたのが…間違いだった!全面撤回

制作は2005年、古っぽく感じたのは全て実写だったから!!

始終通して本当、良い映画だった!!久々に素直に良かった!と言える。



話は。

朝目覚めると、家が『ここはバイパスが通るから壊す事になった。』
と言われ、冗談じゃ無い!と騒いでいる所で友人に今度は
『地球は破壊される。だから、とりあえず飲め。』と言われ
家が崩壊するのを眺めさせられてしまった。
何なんだよ一体!!そう叫んでいる所、タオルを握らされヒッチハイク。

次の瞬間。地球は綺麗に“無くなってしま”った。


『はぁぁっぁぁぁぁー???』

トイレで目覚めた彼はこれから想像を絶する銀河ヒッチハイクの旅に出かける。
うだつの上がらない一般人、否地球人アーサー。
突然ほおり出された宇宙。でも大丈夫。
僕には銀河ヒッチハイクガイドがあるから!

…本当に大丈夫なのか?



Wikiのレビューが分かりやすくて良かった。
話がとんでも無い世界に飛んでいる上、キャラクターもブッ飛んでる。
だって冒頭のシーンで、イルカが

『もうすぐ地球は崩壊するけれど、君達は頭が硬いから理解してもらえない、
だから、輪くぐり二回転ジャンプはお魚が欲しい為じゃ無いのに。
でも美味しいお魚をありがとうー!バイバーイ!!』

…ってような歌をミュージカル風に歌って飛び去ってしまうの。
ここのシーンからもうすでに素敵。

そして、何と言っても映像が綺麗。
イルカのシーンから、巨大宇宙船が現れる、あの
ドン、ドン、ド、ド、ド、ドドドン、ドドドドドドン、ド、ドド…
…って何処までデカいんだよ!…って思わず突っ込みたくなる所で全容が明らかになる、あの間の取り方。すげー!思わず笑った。

そしてその次の瞬間、崩壊する地球がまた。一瞬で、あっけなくて、
でも逆にそれがどうしようも無くリアルで、
『あー。地球が崩壊する事になったら、多分こんな風に消えるな。絶対。』
と思わされる映像でした。だってそうだよ、爆発させたらブラックホールになるじゃん。

本当、映像が綺麗。そして話が面白いのに、感動する。オススメ。

今地球に生きている事をもう一度考えたくなる、
どこかに宇宙人が居るのではないかと思いながら。
続きを読む
スポンサーサイト
【2007/02/04 02:50】 | 映画レビュー | トラックバック(0) | コメント(0)

スタスキー&ハッチ

B000CFWNCQ_01__AA240_SCLZZZZZZZ_.jpg

スタスキー&ハッチ

最高。ズーランダーを見た時にこのペアにハマったのですが、
オーストラリアにホームスティ行った時に飛行機の中でコレを見て、
本当心の底からハマった。大好き。こういうノリ。

元々はドラマ『刑事スタスキー&ハッチ』型破りな刑事二人組みが繰り広げる、日本で言う『あぶない刑事』みたいな物なのですかね。(流石にドラマちゃんとは見た事無い…)

一人は真面目で熱血で全力で何もかもやるあまり問題児になってしまう刑事。
もう一人は不真面目の鏡で悪党とは手を組み酒も女も何でもござれな刑事。
この二人があまりにも両方とも問題児だったが為二人がペアにされてしまう。

あまりにも真面目なスタスキー、あまりにも不真面目なスタスキー
やる事成す事がいちいち合わない二人だったが、
少しづつ打ち解けて行句途中で、大きな山に当たる。
『ギネス級の薬取引がある。』
暴いてやろうと奮闘するものの、敵に上手く騙されてしまったり、
失敗を招いてしまったりと、一度はあきらめかけられる。
だがそれで黙っているような二人じゃないぜ!と。

スタスキー&ハッチ。最強有る意味最悪な警察コンビが大活躍。



いやーでも本当に好き。
スタスキー役のベン・スティラーは今度『ナイトミュージアム』って映画に出ますね。3月公開かな。今から物凄い楽しみです。
オーウェン・ウィルソンの新作は知らないけれど同じ日に『シャンハイナイト』見ました。


このコンビ、本当面白い。

シーンとしては『スヌープドッグ』ふんするハギー・ベアがキャラ的には良い。最後の決めも本当良い。
スタスキー&ハッチペアに関しては本当何処取っても面白いのだけれど、
あの一番の決めシーンでの銃撃は本当、声を上げたくなる程盛り上がった。
最高だー!!銃を突きつけられて必死に命乞いする相棒もする相棒だけど、
それを無視して、しかも後ろ撃ちで打つ相棒も相棒だ!!最高。

愛すべきコメディ映画決定版。ベン&オーウェンペアが最高です。
【2007/01/30 03:50】 | 映画レビュー | トラックバック(0) | コメント(0)

シャンハイナイト

B0009H9ZV4_01__AA192_SCLZZZZZZZ_.jpg

シャンハイナイト

オーウェン・ウィルソンジャッキー・チェンですよ。

オーウェンと言えば『ズーランダー』でベン・スティラーとの共演にハマり、『スタスキー&ハッチ』で更にハマった二人。
オーウェン凄いね。ファンサイトがいっぱいだよ(笑)

今回も最強色男っぷりを大量発揮してくれた、オーウェン。
実は『シャンハイヌーン』の続編と知らずに見たので何か話が突拍子無ぃなーと思いながら、今さっき知ったという…ね(苦笑)

ジャッキー・チェンはすっごい好き、という訳では無いけれど
もう何か映画見る上でルーツとして心持伝説化しているので、ジャッキー映画網羅している訳では無いにしても見ちゃいますやっぱり。本当にスタントもワイヤーも使って無いのかと思うと、心の底から本当に凄いな、と思います。



話は…前回の続きから…
ジャッキーの父が守っていた宝玉が盗まれてしまった、その知らせを受け
ジャッキーは金を返してもらう為にオーウェンの元へ行く。
だがしかしそこはオーウェン。騙し、誤魔化し、金が無い事が発覚。
とりあえず宝玉を奪った犯人を追ってイギリスへ。
探しているうちに明らかになってくる、中国とイギリス両国の陰謀。
果たしてジャッキーは父の仇を討ち宝玉を取り戻す事が出来るのか、
オーウェンは美人な妹を落とす事が出来るのか!!
シャンハイナイト、そのドタバタ騒動は歴史の一部となる。


これギャグとアクションはもう文句無し、という状態に加えて、
話のギミックも面白かったのですよ。
オーウェンが偽名で『シャーロック・ホームズ』を名乗るのですよ、
事件の最後にこの騒動に巻き込まれた刑事さんの名前が『アーティ・ドイル』
この事件に関わった少年は『チャップリン』
最後の最後で馬車に隠れていた少年が鼻を擦る時に付くちょび髭が良い。


いやーでも好きですこういうノリの映画。大好きです。
なーんでこういう役ってオーウェンは超ハマってしまうのでしょうか。
好きだけどね。物凄く好きです。
【2007/01/30 03:21】 | 映画レビュー | トラックバック(0) | コメント(0)

リベリオン

B0000C4GMN_01__AA140_SCMZZZZZZZ_V1131897865_.jpg

アクション映画をコレ無しでは語れない、リベリオン。見ました。

すっごい。びっくりした、と言っても過言では無いぐらい、
ガンアクション+格闘技、というのが本当綺麗ですばらしかった。


近未来、感情が有る為に争うのだ、その理念により感情を持たない国家が
生まれた。主人公は『反逆者』にあたる『感情を持つ者』を捕らえる役人のトップ。
彼の相棒がある日、押収品の詩集を見て感情を思い出し、この世の間違いに気づく。
『感情を持つ事はルール違反だ。』
そう言いながら相棒を冷酷に撃ち殺す主人公。
ある日感情を抑える為の薬を割ってしまい薬無しで仕事をした所、
この世の歪みに気づき、疑問を抱き、苦悩する。
これが本当に正しいのか、それなら俺たちの生きている意味は何なのか。

彼は感情を持って、この感情の無い世界に立ち向かう事を決めた。



それにしても本当、アクションが凄い綺麗でかっこいいです。
トランスポーター見た時も感動したけれど、これにも感動した。
話は近未来によくある、綺麗に組まれた起承転結なのだけれど、
それに見合った綺麗な画面の作りで、凄い良かったです。
オススメ!!アクション映画で感動出来るなんて凄い!
【2007/01/30 02:42】 | 映画レビュー | トラックバック(0) | コメント(0)

どろろ / フレディVSジェイソン

20061113002fl00002viewrsz150x.jpg

久々に劇場で邦画見てきました。昨年は邦画が洋画を上回った久々の年だったそうですが、最近の邦画は確かに下手な針木映画見に行くよりも面白い。

どろろ』と言えば手塚治虫先生の漫画、手塚作品の初実写化というのに少し期待していました。だって遺作を二次加工するってのは、大変なチャレンジだと思いますよ…

魔物に取られた48箇所を取り戻す為魔物を倒し続ける百鬼丸、その刀を狙う盗人どろろ、魔物を倒す為に旅を続ける人間でありながら、人間ならざる者である百鬼丸を拒絶する世と、受け入れてくれる隣人の存在、彼は身体と共に様々な物を取り戻して行く。

原作読みてー!!と思った。やっぱり映画だと省略されてるだろうから…。
映像は何だか久々に実写臭い作り方で面白かったです。でも色の使い方とか衣装の具合とかは独特で良かったなー…!!
戦闘アクションは韓国映画バリのワイヤーアクション風味で二刀流風の刀さばきは良かったです。妻夫木君は勿論の事、個人的には中井貴一の刀裁きが好きだった。

妻夫木君良かったです。カッコ良かった。柴崎コウ、可愛いかったです。中井貴一に毎回尊敬させられます。瑛太が出てたのにびっくり。

他にも気づかぬ所で色々な方々が出ているので要チェック。




今日は続けて『フレディVSジェイソン』のレビューも。
B000FHIVX6_01__AA240_SCLZZZZZZZ_V66858343_.jpg

※公式サイト無いくせにパチンコ台のサイトがあったのでリンク(笑)

噂で『何かフレディがジェイソンに目潰しするらしいよ。』と言われただけで見たかった作品(邪道)

フレディは『エルム街の悪夢』(ちなみにコレジョニー・デップ初出演作品となる)ジェイソンはお馴染み『13日の金曜日』のキャラクターですが、
何か別々の作品のメインキャラが共演する、というのは面白いですね。
(※余談発見。ジェイソンはチェーンソーで人殺して無いんだって。
また、あのビジュアルは三作品目からなんだって。すげー)


怖がる心がフレディの力となる、だがいつの日かフレディは存在を忘れられ力を失っていた。そこで、ジェイソンを使ってもう一度エルム街に恐怖を与えてやろうとした。しかしそこでジェイソンが暴走し大量殺人を始めてしまう。邪魔になったジェイソンを始末しようと、最終的にはジェイソンVSフレディの戦いへと移って行く…。



それにしても、何故ここでのカップリングがジェイソンとフレディだったのだろう?
どちらもホラー界の三大キャラクター(因みにもう一人は『ハロウィン』のブギーマンだった気がする)なのは分かるけれど、
フレディは心理系、ジェイソンは惨殺系、夢の中に引きずり込めばフレディに、現実世界ではジェイソンが有利に…。うーん戦うの難しくない?
スクリームチャッキー(チャイルドプレイ)、オーメン…どこ組み合わせても矛盾が生じるか…。

…あ、でも『スクリーム』と『ジグソー(ソウ)』は両方とも犯人が生身の人間な上に毎回犯人が違うから超心理&頭脳戦になりそうで楽しいかも。…年代が違いすぎるか。というか被害者が悲惨な事になりすぎるか。
【2007/01/27 01:15】 | 映画レビュー | トラックバック(0) | コメント(0)

シャイニング

D111543086.jpg


シャイニング

久々に嫌な気分になる映画を見たー…!!
だって『時計仕掛けのオレンジ』と同じ
スタンリー・キューブリック作品だものー!(今知った)

あの謎が全て解けていく解け方が衝撃でした。
少年の『Red Ram』も忘れられない…。

それにしても『N.Y.式ハッピーセラピー』の時にジャックニコルソンが
どうしようも無く恐ろしくて信じてしまったのはこうだったからか…。



『シャイニング(特殊能力)』を持つ少年が居る家族で
ある高級ホテルが休館中に、管理人を引き受ける事になる。
しかしそのホテルは過去にも管理人が一家を惨殺するという事件があった。

人の居なくなったホテルで少年は『見えざる物』を見る
男は自分が狂いに手招かれ、導かれる。
それに気づかない、母親。
ずれていく日常、足音にかき消される平穏、目の前を閉ざし始める雪景色。

ここは、日常から切り離された、閉ざされたホテル。


人がある一線を越えてしまう瞬間ってのは、必ずあるはずなのだ。
それを絶対的センスで描き出せてしまう、
この人は本当に凄いと思う。
【2007/01/23 02:52】 | 映画レビュー | トラックバック(0) | コメント(0)

コンフィデンス

B0002FQLAQ.01._AA140_SCMZZZZZZZ_V1131721825_.jpg

コンフィデンス

冒頭の入り方がお気に入り。

『俺は彼女に殺されてしまった。』
というアナウンスから撃たれて死んでいる男の、数分前に巻き戻る。
銃を突きつけられて、あぁもう死ぬ寸前。
何でこうなったのか…それを説明するのにさらにその男の数週間前。
取引で揉めて男をうっかり撃ち殺してしまった事で仲間と口論になる男。
おいおい揉め事は勘弁してくれよ、うるせぇ、というやりとりで
今度は店の店主と銃を突きつけあう二人。
『お前ら人一人殺してんのに!!俺は逃げるぞ!!』
そう仲間は男を見捨てて、金もほおり出して逃げ出す。
タッチの差で警察が店内に侵入、慌てて紙一重に胸を撫で下ろし逃げる仲間。
『警察だ!手を上げろ!!』

『何やってんだ。遅いんだよ!!もう少しで本当に撃っちまおうかと思ったぜ。』


全てはお芝居だった、というわけさ。



いやー、詐欺師物ってのは騙される、騙されるんじゃないか、と思いながら
やっぱり騙されちゃう所が悔しいけど面白い。流石だ!
しかもヒロインはあのハムナプトラレイチェル・ワイズ

頭良いのが分かっているのに途中弱気臭く見せたり、危なくなってみたり。
淡々と進むものの面白かったです。こういう話は好きだなー…!
【2007/01/19 01:33】 | 映画レビュー | トラックバック(1) | コメント(0)

ドッグヴィル

4048973320.09._SS500_SCLZZZZZZZ_V1076286236_.jpg


ドッグヴィル見ました。(ドッグウィルだと思った(笑)

前回のes[エス]に続き人間の心理をまざまざと描き出した映画。

その始まり方と言い、描き方と言い、設定と良い、最後の終わり方と言い
全てが衝撃的であり、緩やかでした。
そう、とても緩やか。それなのにどうしようも無い感覚に襲われる。

まず舞台が凄いよね。これを多分普通の街のセットでやったとしたら
今までの映画と何等変わらない、ドラマになったんだろうけれど、
面白かった。これは歴代から見ても結構衝撃な映画でした。

また、これに参加した役者も極限を味わったそう。
確かに延々と白線の街で演技をさせられるのだから、可笑しくなってしまう。



ただ白線の引かれたセットを、ドッグヴィルという街に名づけ、
人を入れ、設定を書き、生活をさせる。
ここは君の家、これが畑でこれが壁、おっとそこはドアじゃない。
奇妙に見えた村もいつしか本当に村になり、人は村人となり村になる。

さぁそこで実験をしてみよう。
安定してきた所で一人の異物を入れてみる、さぁ、何が起こるだろうか!

異物は時を経て馴染み、刺激は癖になり、異様は正常になる。

そう、一つの街が消えただけ。白線がだた消え、静かになったんだ。
残ったのは、一匹の犬、白線では無く、動く犬。彼だけか、生き物だった。
【2007/01/14 22:29】 | 映画レビュー | トラックバック(0) | コメント(0)

es [エス]

B00007FVY3.01._SS500_SCLZZZZZZZ_V1131998826_.jpg


es [エス]公式サイト
es [エス]を昨日の夜、
マイケミのライブ行って作業し終わった深夜に見てました。

本作品は30年ほど前、スタンフォード大学心理学部で本当に行われた、
心理実験。『肩書きや役割が人間の行動に与える影響を調べる』
しかしこの実験本当に2週間が6日で中止になり、世界的に有名な実験になったそう。

どんどんと人間が理性を失って行く様子が、どうしようもなくなります。
最初は互いに軽い気持ちで参加していたのが本当にたった数日で激変してしまう、
でも本当にああなってしまうんだろうなと思う。

最後、自分が異常状況下にまで落ちてる事に気づいた瞬間の、気づき方。
刃物を手で受け止めて、互いに唖然としながら血まみれの包丁を落とす所、
正気に戻った関係者が覗き込むようなカメラワークで下がっていくあのシーン。
畳み掛ける異常状態からゆるやかに正常に戻っていく様が、良かった。

最後の締めが後一歩何かあったらな、と思うものの、
あれでどんでん返しがあっても困るから、あの終わり方で良かったのかな。

最近メジャー物しか見てなかったから久々に良かった。
心理学をとことん試したくなる。でも怖いから無理。





今日も延々尊敬する先輩と雑談を外でする。あまりの長話&寒さによって
筋肉が硬直して歩き出したら足が痺れた。3・4限分話してたらそうなるか。
リベリオン早く見たい。見当たらないからドッグウィル借りる。
ライトノベル系にも手を出してみたい。脳科学ももっと調べたい。派とレーバー
何よりもPCのカスタマイズしたい。グーグルとFireFoxだな。
・水の中で1分間息を止める
・速聴
秘訣。日本語で己を指し示す言葉は100以上ある。言語による制限を受ける。
インプット入り口は5感、アウトプットは筋肉一つ。
【2007/01/11 00:28】 | 映画レビュー | トラックバック(0) | コメント(0)

映画『魍魎の匣』の発表記者会見ありましたね。

京極夏彦、映画『魍魎の匣』記者会見

関口さんは一体どうしちゃったんだ…!!!

椎名…椎名桔平…!!!? (何か記者会見の写真…え?合ってるよねこれ…??)
永瀬正敏さんはどこ行っちゃったんだろう…あの関口さん好きだったのに…。

というか、堤さん。何で白いの…!!!
しかもどうしたのそのオールバック。堤さんは好きだけど…。なぁ…。

むしろキャスト入れ替えなら椎名桔平が京極堂やれば良いなと思うな…。
とりあえず、阿部ちゃんの榎木津が続行なのは何でだろう(笑)
何で!!何で榎木津ウェブラジオの方でこの人やってるのに!!
木場さんも宮迫だったらゴルゴの方がえぇやぃー…!!

くはー。まさか第二弾までやるとは思わなかった…!!




そんな私は今森博嗣をやっと読み始めました。
どすこい読んだ時から
すべてがFになるが読みたかったんだけど、
今回先輩から借りて読んで、今は冷たい密室と博士たち読んでます。

文章が軽めで淡々と進んで行くので読みやすい上に、ネタとかは面白い。
理系分野の人間には面白いよなーこれ本当に。
すべてがFになる、の意味は途中で気づいた。ウチはカラーで使うから(笑)




そんなこんなでやっとこさ『さよなら絶望先生』4・5を買ってくる。

問題のシーンはココですよココ
P39の7コマ目。噂には聞いてたけどまさか本当だったとは(笑)
何だどうした。よりによってグン×アキなんてそんなマニアックな!!(暴走)
この巻には他にもきちんとシキティが扱われてる所とか(P692コマ目)

あれか。かってに改蔵の時のような下ネタが削減されたのはこれが原因?

その他に久々に読んだ
銀魂が面白かったりした。

…久々に何か色々読んでるなー…。これが冬休みだったのかー。(遠い目)

今日から学校始まりました。

もうブログ更新出来ないかもしれないな…。(早いよ。)
【2007/01/09 23:51】 | 映画レビュー | トラックバック(0) | コメント(0)
次へ

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

プロフィール

イヌキ

  • Author:イヌキ
  • 秋葉原にある某横文字大学に通う19歳。
    妹に日々怪しまれながら色々な事やってます。


    イヌキ運営する写真メインの
    素材配布サイト。(※仮死中)

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。